”歓びの泉”を語る岡山オフ会

今回は、岡山の倉敷に住む備前焼さんの計らいで,中田酒造,を訪ね
”歓びの泉”を堪能しようと言う企画である。

僕は午前5時に起き、準備をして5時41分に我が家を出発した。徳島駅
に着いたのは7時少し前であった。徳島駅駐車場に車を駐車した。結果
から言うと9月27日午前7時から9月28日午後7時まで駐車をして料金
は8,416円になるのであるがパーク&ライド割引サービスを利用すると
2,000円になるのである。

徳島駅ののみどりの窓口に行き岡山駅までのキップを買う。これも急行
に乗るのでトクトクキップを利用して7,910円を支払った。この時、先程
の駐車券を表示するわけである。

徳島駅発8時23分の岡山行きの出発まで時間があるので、ホテル クレ
メント徳島で朝食を済ませた。料金は1,600円である。食事を済ませて
キオスクで「トゥ−ムレイダ−2」の書籍を購入して汽車に乗り込んだ。

本を読んでいるとアッと言う間に岡山駅に着いた。西口を出ると「MASA
さん」「酔っ払いくまさん」が出迎えてくれた。新幹線で既に到着していた

ようだ。備前焼さんの車に乗り込み倉敷を目指した。
倉敷インターで,みかんさん,mikaさん,セバスさんと合流した。
最初の訪問先は地酒専門店
「酒工房あおえ」である。管理
の行き届いた安心できるお店
である。
〒710−0802
岡山県倉敷市水江1349
рO86−465−2413
”酒工房あおえ”を出た後、昼
食を「おいしん坊」で食べた。
欲張りメニューでビールを頼
みグッと飲んだ。旨い。

右に並べているのは上記の
酒屋さんで試飲した日本酒で
ある。
いよいよ,横坂安男,杜氏さんとの出会いである。

いよいよ来ました、中田酒造汲ナある。
「歓びの泉」製造責任者である,横坂 
安男 杜氏,その人である。熱心に親切
に語って下さった。ビデオを見たり。仕込
水を飲ませていただいた。試飲には、花
酵母で作られた日本酒も・・・・・。酵母が
違うだけで味は一緒だとか。
本醸造 花ごよみ

原料米:倉敷産アケボノ

精米歩合:65%

日本酒度:+4

酸 度:1.3
右後ろから,MASAさん,備前焼さん,
,耕ちゃん,前に来て、,酔っ払いくまさん
セバスさん,横坂杜氏さん,sigさん
である。バックは中田酒造汲ナある。

もう酔ってるかな!

それでは堪能しました”歓びの泉”試飲会の会場「魚真」の様子を紹介しよう。