京 都 酒 蔵 め ぐ り

     「由紀の酒」に集う方々の日本酒に向ける熱い情熱が京都酒蔵めぐりを実現させた。僕と嫁さんは、この
     ツアーに参加するために11月3日、午前7時30分、我が家を後にする。日和佐駅まで車で30分牟岐線
     8時12分発の特急剣山3号に乗車する。徳島駅には9時7分到着、JR高速バスに9時45分発に乗り込
     む。12時28分、京都駅に着くはずであったが京都南の出口で渋滞に会い、京都駅に着いたのが14時
     30分、2時間の遅れである。高速を出たすぐの国道1号線が混み合うのだそうです。13時ごろ由紀様に
     電話を入れる。ご主人が電話に出た。「耕ちゃんです、高速が渋滞していてまだ高速の上です。」この待
     ち時間が長い。次に連絡をしたのは京都駅に着いた14時30分でした。最初の蔵元見学であった「斎藤
     酒造梶vに居た。見学を終わり、門を出る所で皆さんと合流が出来た。15時であった。「初めまして、岡川
     です。」HNではなく本名で名乗っていた。ここが、真面目な僕の性格でしょうか。お会いして感じたことは
     美男美女の集まりでありました。負けたなあと思いました。年には勝てないか。皆さん、若さもあります。 

日本酒を愛する方々の紹介
YUKIさん
AKIRAさん
関谷夫妻
(蓬莱泉蔵元)
MASAさん
奥播磨
東 一
蓬 莱 泉
「吟」98年:「空」99年
厭離穢土 欣求浄土
(古代赤米)
耕ちゃんの妻です  たけ蔵さん みかんさん まま蔵さん
本人の希望により
非公開とします。
写真がほしい。
芳 水(徳島県) 天 法
富久長
千代むすび
悦 凱 陣
不 明

     次の酒蔵見学は「株式会社 増田徳兵衛商店」通称”月の桂”であります。蔵の中では新酒の仕込みの
     作業が行われていました。蔵元さんから順次説明を受けましたが初めての事なので十分には理解できな
     かったのが正直な所です。そこは蛇の道は蛇です。「蓬莱泉」の蔵元は的確な質問をされていました。勉
     強が必要であると思いました。僕の凝りだすと止まらない血が騒ぎ始めました。 

     本日の僕たちの宿は「大阪東急ホテル」大阪市北区茶屋町7−20であります。他の人たちは東京・名古
     屋方面からと次の日程の関係で京都に宿泊していた。7時30分ごろ、HN「みかん」さんが日本酒の利き
     酒会並びに皆さんの懇親会の会場に案内して下さいました。「パナシェ」というスナックをみかんさんが交
     渉準備をしていただき鍋物を作らせるという、いたれりつくせりのもてなしでありました。

     ずらっと並べられた日本酒は、凄いものがあります。一般の日本酒に興味を抱いている方々がそれぞれ
     に自分の好みの日本酒を持ち寄ってきた訳です。僕も緊張しながら一本一本封を切られていく日本酒を
     グラスに注ぎ、香りを楽しみ味を楽しみ、しかし、どれを飲んでも美味しいのです。それなのに、それぞれ
     に個性があり自分の方向を見いだすのが難しく感じました。それほど出来ばえの良い日本酒ばかりであ
     りました。

古代赤米
大吟醸酒
厭離穢土
欣求浄土
さらっとした端麗辛口。「厭離」とは大樹寺の
住職さんが家康を諭し、再生させた経文であり
家康の終生座右の銘でした。大樹寺・伊勢神宮
ダライ・ラマにも奉納されたお酒。
富 久 長
純米吟醸酒
中汲槽しぼり
富久長の顔とも呼べる、香り高くコクのある純米吟醸酒。
搾り中頃の最もバランスの良い部分を無濾過原酒で瓶詰めしています。
天法
純米吟醸酒
日本酒度
+1.5
酒造米
山田錦
酸度
1.6
精米歩合
48%
アルプスの酵母特有の香りの高さと
広がる旨みと深みが見事に調和して
います。ゆっくり醸し、洗練されたきめ
細やかな酒質で、すべて、瓶癇、瓶貯
蔵で丁寧に熟成されています。
祝 凱 陣
山 廃
純米吟醸酒
讃岐雄町
日本酒度
−2
酒造米
讃州雄町
酸度
1.8
精米歩合
65%
やさいいブーケとほのかな甘さが口の
中でたわむれるように転がります。
瀬戸内海の魚の煮物には抜群の相性
を魅せてくれます。
このお酒と瀬戸内海の魚を一度に味わ
える幸せは何者にもかえられません。
芳  水
純米大吟醸酒
特別仕込
日本酒度
+1.5
酒造米
兵庫山田錦
酸度
1.9
精米歩合
35%
熟成味豊かできめ細やかで芳醇な味わ
い。吟醸香高い。
蓬 莱 泉
純米大吟醸酒
「吟」1998年
日本酒度
+0〜2
酒造米
山田錦
酸度
1.3
精米歩合
麹米:山田錦
35%
掛米:山田錦
40%
低温で3年熟成された米の旨味が凝縮
されたお酒。レベルの文章は平家物の
文頭「祇園精舎の・・・」である。
蓬 莱 泉
純米大吟醸酒
「空」1999年
日本酒度
±1
酒造米
山田錦
酸度
1.4
精米歩合
麹米:山田錦
40%
掛米:山田錦
45%
果物を思わせる芳醇な香りと米の旨味・
甘味を引き出した味わいのある酒
千代むすび
大 吟 醸
斗瓶囲い
しずく酒
日本酒度
+6
製造米
山田錦
酸度
1.4
精米歩合
35%
コメント考え中
東 一
大 吟 醸
日本酒度
+5
製造米
山田錦
酸度
1.4
精米歩合
(麹・掛)
39%
蔵人を含めた栽培グループにより育てら
れた山田錦を自家精米し、手造りで醸し
ました。香りが味に溶け込んだような風
味で、香りが高く、味に幅があり、重圧
感のある仕上がりである。
奥 播 磨
鑑評会仕込み
不 明 製造米
山田錦
不明 精米歩合
38%
鑑評会用に仕込まれた大吟醸。通常で
は味わえない芳醇で品のある香りと旨
味を味わえる。


日本酒の部屋へ