徳島県牟岐大島磯(釣日記)

6月29日(日)曇りときどき晴れ、南からのウネリが残り、表回りは限られた磯しか
使用出来ない状態であった。本日のお客は15名、1番の船クジを引いた方が磯く
じに行く。16番を引いてきたが船頭はそれを捨てて佐本回りに一気に突っ走った
10番ナデに4人下ろし、ジョウギに3人、馬の背に一人、それからトビツに僕はお
ろされた。足場が悪いので好きではありません。冬場の走りの頃にグレが先に食
い出す磯である。                                       

昼の磯変わりに10番ナデの横にある「ミッチャ」に変わりました。ここも冬のグレ釣り
シーズンには、本命ではないが小荒れの時にグレがコンスタントに釣れる磯である
また、型も大きいのが特徴です。                               
グレには見えないなあ!56センチもあって魚拓サイズなんだけどな。ハリス1.75は太い。

この磯に変わってきて撒き餌をしながら磯際に仕掛けを落とし込む。潮の流れは良くない
けれど、荒れが幸いして餌取りを交わせそうです。三回ほど道具を流してアタリ来た。良い
アタリだ。船頭がまだ目の前に居て、「耕ちゃん、掛けたよ」とナデの客に言っている。しか
し引きは良い。本日最高の手応えである。しかし、白い波間に浮かんで来たのは「キツ」イ
ズスミである。それから、四回イズスミを釣って木っ端グレ2匹である。これはダメですね。
5回目に釣れたキツであるが56センチありました。重さもかなりありました。妊娠していま
したね。それで僕にも釣れたのかもしれません。これが「グレ」だったらなあ!の1日であり
ました。でも、久しぶりに大海と戯れて楽しい1日でした。
今日の釣果は、木っ端グレとタカベでした。食卓には、タカベの素焼きとイズスミの刺身で
した。イズスミって、少し臭いがありますが、これほど口当たりの美味しい魚だったのかな
と思う今日であります。


釣りの部屋へ戻る