利 き 酒 用 語

味に関する語句

味の離れた 味が不調和な場合。 
後味 飲み出した後の味。残る味の表現。
甘い 甘さが目立つ場合。甘味が浮く場合。
あらい 味の調和がとれておらず、熟成も不完全。
異味 清酒らしくない味を感じた場合の表現。
うすい 味がうすい場合の悪い表現。
旨味 「芳醇な」と同義。清酒らしい(酸・アミノ酸)を感じたとき。熟度の良いとき。
おし味 味(酸・アミノ酸・糖類・アルコール等)の濃さの関係を表す。
重い 味が極端に濃い。
がら 味の濃さを示すが、良いという意味合いではない。濃すぎる場合「がらが悪い」と言う。
からい からさだけが目立つ場合の悪い表現。
軽い 味がきれいで、のどごしの良い場合。
きめ 味が調和している表現で「まるみ」と同義。
きれい 味の濃淡で、うすい場合の良い表現。
くせ 「雑味」に近い表現。
くどい 味が極端に濃い。
こい 「こく」に近い表現。
こく 味(酸・アミノ酸・糖類・アルコール等)の濃さの関係を表す。
ごきみ 味(酸・アミノ酸・糖類・アルコール等)の濃さの関係を表す。
雑味 酒の濃さが極端に濃い場合、悪い表現として使う。
さばけ 飲み出した後味、残る味の表現。
さびしい 味がうすい場合の悪い表現。
さらっとした 味がきれいで、なめらかな場合。
舌ざわり 味の調和を示す表現。
しっかりした 酒の濃さ、調和・熟成を含めた総合的な表現。情緒的には「男性的」という。
しぶい かくれた味というべき。目立つ様なら欠点。
熟した 味の調和を示す。熟度に関する。
すっきりした のどごしのよい場合
すっぱい 酸味がうく場合の悪い表現。
多酸味の場合では、酸は多いが他の成分と調和、酸のきれの良い事も必要。
だれた 味の調和がとれておらず、のどごしの悪い場合。新鮮味の乏しい場合。
男性的 酒の濃さ・調和・熟成を含めた総合的な表現。情緒的に「男性的」という。
淡麗な 味の濃淡で、うすい場合の良い表現。
調和した 酒が適当に熟成して、味のバランスがとれている。
なめらか 味の調和を示す。熟度に関連する。
なれた 酒が適当に熟成して、味のバランスがとれている。
にがい 「しぶい」と同様、かくれた味。目立てば欠点。
のどごし 飲みだした後の味、残る味の表現。
老ねた 酒の熟度が過ぎた表現。
ふくらみ 「こく」に近い表現。
芳醇な 味の濃さ及びその調和を総合した良い方の表現。
ぼけた 「だれた」に近い表現。酸・アミノ酸が少ない場合。
まるみ 味の調和を示す。熟度に関連する。
若い 酒が熟成していなくて、味の調和がとれていない。