伊島の船釣り(フカセ編)

2003年の釣りです。

5月10日、時期的に少し早いのですが「伊島の船釣り」(フカセ釣り)に行ってきました。小潮
満潮13時30分:干潮7時30分、北の風強く、波が少しありました。船酔いのそうな揺れがあ
りましたが、落ち日でもあったので、次第に海は凪いできました。6時30分頃から釣り始めて
8時頃、同行していたA氏の竿が一挙に曲がりアッと言う間にぶち切って走って行った。真鯛
のアタリだ彼は言っていた。潮の動きが悪いので完全フカセ釣り、ウキもナマリも外しサルカ
ンだけの重さで沈めて釣っていた。そのアタリが出てからアタリが全くない。9時頃、磯際を流
していた僕のウキが消えた。ようやく来たぞ。合わせをするとモノスゴイ引きである。ニコ2個
3個と笑顔で魚を浮かせると、ガクン!残念であった。そうこうしているとウキにアタリが出始
めました。グレを期待しての合わせをしていたのですが針掛かりしない。2回空振りしたので
3回目にソフトにゆっくり向こう合わせではないが、よく似た要領で合わせると竿に乗ってき
来た。これも良い引きをしている。ウウン!しかし、チヌの引きである。上がって来たのは正
にチヌであった。50センチ級の肥満型であった。食べ過ぎですぞ!と言ってやりたかったが
自分に言っているようで悲しすぎるので言葉にはしない事にしました。今日の針掛かりは渋く
全部、唇に掛かっているような状態で刺さりが弱いとバラスなあと言う感じの掛かりばかりで
した。バラシも何回かありましたが、イシダイ・真鯛・メジロなどの大物も当たる場所であるの
で、ここでは正体不明の大物とだけ言っておこう。釣果は次の通りです。でも楽しめたかな。

今回は少し時期が早かったようです。グレも産卵期なのか釣れませんでした。イサギも潮の
状態が悪いのか腕が悪いのか釣れませんでした。こんな時でもチヌは釣れるんですね。


磯釣りに部屋に戻る

2002年の釣りです。

この釣りは漁師の登録と許可を得た船でないとできない釣りですので間違いのないように
お願いいたします。今回は、そうした許可を得た方に案内していただきました。感謝です。

これは船から撮影した磯です。この磯に向かって流れる潮に乗せて撒き餌をしてフカセで
釣りをします。潮の流れは毎日違うそうです。僕は1年に1回か2回のチャレンジですので
状況は分かりませんが本年は調子が悪い様です。漁師が網で一網打尽にして漁をされた
後は全く釣れなくなる様です。それが兼業漁師の宿命でしょう。まあ、それなりに釣果があ
ればこちらは良いのですから、今回は最高の日でありました。船頭さんに感謝です。ここで
釣りをした経験は磯でも若干勉強になっています。釣れないとき潮の流れが不自然なとき
逆の発想が生まれてきます。釣りは自然の戦いであると言うことを思い知らされる状況です


イサギ8匹(35センチまで)   

アイゴ2匹ウマズラ4匹

40センチの口太グレ

小物の面々4匹

チヌ(黒鯛)2匹

磯釣りの部屋に戻る