室戸黒潮漁場(イカダ)釣日記

「耕三さん、耕三さん、車が来たよ!」嫁さんが言った。何だろうと目を覚ますと、18日午前2時であった。そうだ、釣りに行くのだった。
高知県室戸市「黒潮漁場」のイカダである。僕の家からだと1時間45分くらいで到着する。波の高い時は船酔いするが天気のよい日
を選んで出撃すると、結構楽しめるところである。4時30分に港に来てくれるように言っていたが到着した4時20分頃には船頭も客も
来ていなくて、えっ!場所が変わったのか。と不安にさせられたが、数分後には1台来て2台・3台と来たので安心した。イカダは3ケ
所ある。僕たちは3号イカダに乗る事にした。他の客は1号・2号に上がり3号は僕たちだけである。気楽で良いと思ったが、反面不安
はあった。釣れていないのではないか。まあ、のんびりやろうか。イカダ何だから。潮の流れは下り潮、釣れる潮の流れである。ゆっ
くり真っ直ぐ前方に流れている。これは帰ってきての確認ではあったのだが、どうして、あのポイントで釣れたのだろうかと納得できた
「室戸釣りイカダ 黒潮漁場」http://www.uf-turigu.com/ikada.htmのホームページを見るとポイントの詳細が載っていた。そして、バラ
シの原因も納得出来た。前方に高い岩場があってその手前でアタリがあり、それを越えて釣ったときに寄せて来る時に岩場にハリス
が触り、真ん中から切れたのであった。今日の仕掛けは、道糸2号、ウキはドングリの5B、ハリスは1.5号から1.75号、針はグレ
の5号である。5号にしたのは、メインはイサギを釣るためであるから大きめの針にした。ハリスも3ヒロで、ビシは打たない。ナマリの
5Bの位置はサルカンの上のみである。釣果は、以下の通りである。バラシは4回ありました。ハリはずれが内2回です。・・・・・・・・・・


釣果(グレ10匹・イサギ4匹) オマケ(ハゲ1匹)


戻る