真夏の武者泊格闘編

7月17日、午前4時30分、もっちゃんの車が来た。
久しぶりの釣りとあって前日22時に寝たものの朝の1
時に目を覚まし寝つかれないままに3時が来たので起き
ることにした。身支度をして、外で待っていると、鮎の
友掛けの釣り人の車が何台か走り抜けた。そうこうして
いるとスピードを落とした車があった。もっちゃんであ
る。
午前4時に我が家を出発すると8時45分に宿毛
のタケムラ釣り具店に着いた。朝が早かったので
比較的すいていて、スムースに走れた。9時には
御荘に着いたが、早すぎるので朝食を買ったりし
て船頭のところに行くと、しばらくすると中で休み
と言ってくれたので休む事にした。
(4時間30分で到着しました。) 1日目の釣り場「アブセ」

午後0時45分、港を出発した。心は早く竿を出したいの
気持ちでいっぱいでした。お客は5人組と2人組、と僕た
ち2人でした。5人組がヤッカンを目指すということでじ
ゃんけんをしたが、負けたので「アブセ」を選択した。
アブセの船着に5人組が並び、船頭が岡川さん、後ろへお
ろさせてもらい。と言ってくれたので、降りる事にした。
塩が速く、何処を釣って良いか分からないが、西の方が比
較的、釣りよかったので釣り場を決定した。
もっちゃんに塩筋をゆずり、僕は前にあるシモリ磯の間を
釣る事にした。イズスミの大きさもケタ違いである。足元
には青バンドウ、赤バンドウの80p級がウロウロしてい
た。
3メートルはあろうかと思われる鮫のダイビングも何度も
見た。鯨だったら納得するが鮫ではね。
(本当は2日目の写真) 船着は釣ったイサギを食われたらしい。

2日間の釣果です。
  • イサギ:03匹
  • グ  レ:05匹
  • グ  レ:14匹
  • シマアジ:03匹
  • アイゴ:03匹
バラシもかなりありました。満足な釣りでした。
2日目は、釣り人も多かったので最後になったので、地の「マルバエ」になった。ここはすずし
かった。ポツリ、ポツリとアタリがあり。退屈しない釣り場でありましたが、もっちゃんが初め
てといっていたので、船頭が9時に来た時に「シモリ」に磯がわりした。
ここから先はもっちゃんの奮戦記にこうご期待です。あまり書くと・・・・・・。


真夏の夕釣りは言葉以上に暑いです。汗が滝のように流れ水分補給しても
後から後から流れ出してきました。頭が暑く、「ふう!ふう!」肩で息を
終始していました。曇りの風のある日を選びましょう。