カ ツ オ の 話

   我が家では、僕が釣ってきた魚の他によく食べる魚に「カツオ」がある。カツオは、スズキ目サバ科の魚です。
   カツオは、春から秋にかけて黒潮に乗って、本州東側を北上し、晩秋から冬になると南下するコースを回遊す
   る魚です。

   カツオは、初夏に北上している途中で獲れる初ガツオ、秋に南下しはじめた戻りカツオの2種類があります。
   僕は、秋の戻りカツオが好きなのですが、春のカツオが市場では一般的になっていますね。
   僕の小さい頃、父は初ガツオが手に入ると、時期を同じくして新茶が出回るので、炊きたての熱々のご飯の上
   にカツオの刺身を乗せて醤油をかけて新茶(正確には緑茶)を注いで食べていた。これが美味しかったのです。
   「マグロ丼」なるものに似たような、しかし、アッサリしていた。最近は、作らなくなったなあ。

   カツオには、筋肉を作る良質なタンパク質、疲労回復作用のビタミンB1、血液をきれいにしてくれるEPA、貧血
   を防ぐ鉄分、カルシウムが吸収されるのを助け、骨粗鬆症を防ぐビタミンDや、消化を助けるナイアシンを豊富に
   含んでいるようです。

   これだけ書くと今日にも食べて病気を治そうと考える諸氏もいることでしょうが、これで全てではありませんが本
   当に長い間、食べていると効いているように思えてきます。 

料理の部屋へ戻る