徳島県由岐イカダ
 

ああっ暑い!この一言で始まった。。朝の4時前に起床する。家を出たのは4時10分、途中、氷を買って
5時に由岐の港に着いた。今日は流石に釣り人も少なく僕を入れて3人である。二人はイカダに行くので
朝の涼しいうちに磯で木っ端グレを相手にしようと船頭に言うと、9時頃に迎えに来るので、それまで頑張
って、それからイカダに変わらんかと言ってくれた。磯は「牟岐バエ」である。少しウネリが出ている。
餌を撒き仕掛けを入れるが釣れない。ウキ下は矢引き1Bのナマリで0号のウキで狙った。餌取りの多さ
は凄いものがある。ウネリで払い出しの泡は出来ているが、どうも潮が全く動いていない。これはダメだと
確信した。

オオネムリ(日の出を一枚)

ムギバエ

9時30分、ムギバエからイカダに移動する。陸に近い方に4人、沖向きのイカダに1人いた。僕は人の少ない
沖向きのイカダに上がる事にした。何時も由岐で出会うT氏である。「どうですか。」と訪ねるとダメだと言った
ここも潮の動きが悪いのか。仕掛けを作り直し1投目を振り出す。港向きに潮が流れている。これは満ちの潮
の流れだ。餌も取らない。ウキ下を5ヒロ取っても餌も取らない。11時頃、潮の流れが変わった。引きの潮で
あるが、最高の潮の流れに変わってきた。このイカダではこの潮の流れが最高であるのだ。

このイカダの右方向が満ちの潮

真っ直ぐ前に流れる最高の潮

潮の流れが速くなってきた。益々期待が沸いてきた。カツオがバシャバシャしないのに釣れ出した。1匹、2匹
今日のように餌取りも居なく、釣果の悪い時はカツオで十分である。食べても美味しい。このカツオのおかげで
3時まで粘ることができた。暑い1日はこれで終わった。15匹ほどの釣果であった。

磯釣りの部屋へ戻る