武者泊磯(パートU)釣日記

2005年2月12日(土)撃沈大魔王襲名記念釣行の同行者は大先輩のもっちゃんであります。
我が家を出発して間もなく、早くも兆候がありました。国道195号線から外れました。高知に着き
ません。舵を修正して一路武者泊です。夕方の食事は、久礼坂の豚太郎です。ここが大好評で
いつも満員で、今回も待ち時間30分でした。午後9時の閉店です。機会が有りましたら立ち寄っ
て下さい。
天気予報では穏やかなはずであったが釣り初めて間も
なく風が吹き始めた。本日の客は6人が先発で沖スス
キへ3人子鹿等へ降り、後は2人で自由にとの船頭の
指示に船の先端に行ったが2番手になってしまったが
早めに降りることができた。初めての磯なので状況が
わからないが、餌の後があったので、此処しかないと
思い、釣り始める。風は前から、潮も前から押してくる
釣りづらい。知らないから手さぐりだ。もっちゃんは前
方を狙っている。僕は磯際を狙った。満潮であったの
で、まずは磯際からが僕の手順である。餌取りも少し
見えて期待はあった。数回の手返しのうちにウキが
スッと引いた合わすと小さいがまさしくグレの感触で
あった。「ヤッター!」開眼である。本年初めてのグレ
である。魔王のワッペンのお守りは強い。これからが
釣れないのです。(ガックン!)
風が凄くなるし天気予報は嘘つきだと思うし、魚は見
えなくなるし、底まで見えるし、昼寝しました。
もっちゃんの姿でもデジカメに納めてと前を見たら、
沸きグレである。潮の動きが悪いので、釣れるのかな
と思いながら、道具を換え始めたが風の強さとあせり
でトラブルの連続で、道具の修正に時間を費やした。
久しぶりに釣りをするとこうなるのか、歳を感じる瞬間
で、思わず心の中で笑ってしまった。
前回もそうであったが1.75のハリスでは見向きも
しないのに1.5号では反応してくる。
1号にしたら、もっと喰うだろうと思った。
右は僕の釣り場です。
この人こそ「もっちゃん」です。