武者泊磯(ナガハエの隣のシモリ)釣日記

久しぶりの遠征である、本日は、武者泊まである。パートナーは、魔王も恐れる、もっち
ゃんである。好ニュースに釣られて車を走らす。車の中では期待に胸膨らませた話題で
盛り上がる。話が終わらない。釣行の車の中は何時もこうだ。土佐街道を西に走り土佐
山田から高知自動車道を経て須崎まで2時間で走り抜ける。早くなったものだ。山洋渡
船に到着したのは23時である。仮眠が出来るので遠くから来る僕たちにとっては助か
る。明朝、6時10分ごろ、船は出た。釣り客は少なくて助かった。4人組が好調のナガ
ハエをジャンケンで勝ち取った。僕たちは、その隣のシモリに磯上がりする。緊張の、1
投目、仕掛けを入れて撒き餌をする。そしてウキを見ると「ない!、ない!ない!」あわ
てて竿を立てると大きく竿が曲がった。良い手応えだ。グレである。大きい。が、その瞬
間、「あっ!」チモトから切れていた。魔王の力が働いたのか。このパターンは悪い傾向
の兆候である。案の定やっぱりアタリが消えた。グレは見えないし、満の潮が手前に押
し寄せて来る。釣り辛いじょうきょうである。
グレが見えた。その瞬間もっちゃんの竿が曲がった。かなり大きい。40センチは超えて
いる。坊主はクリアーされて。9時30分の弁当が来るまでに僕が2匹、もっちゃんが1匹
であった。ナガハエの水道の手前の磯際で3匹を追加した。潮が速い。昼が過ぎてワキ
グレの姿が少しずつ見え始めたが安定していない。14時を過ぎるとワキグレが磯の周り
に居座りかけた。此処で5匹を追加する。本日の終了の時間を迎えた。数は少なかった
が楽しい釣りができた。「ホッ!」と一息ついた。