ゆずの栽培

この地方では昔から、ゆずの栽培がさかんで
唯一の特産品になっている、我が家でも
すこしばかりのゆずを栽培しているので
これから約半年後の収穫の時までを、お伝えしようと思います
新緑の季節をむかえると、やってくるのが雑草たち、
ゆず園の手入れはまず草刈から。

栽培しているのは、その昔米つくりをしていた
棚田も多い。

肥料や収穫したゆずの運搬に
力を発揮するモノレール
人は乗ってはいけません。
秋が深まると少しずつ色づいてきます。
大きさはみかんの大サイズくらいから
八朔に近いものまでいろいろ。
だいぶ実ってきました。
こんな小さな木ばかりだと収穫しやすいんですけど…
いよいよ収穫の時期です
家族総出での仕事
ゆずの香りが集落全体にたちこめます。
ゆずと他の柑橘類の大き違いは
ゆずの場合
枝に鋭いトゲがたくさんついていること
当然腕の周りは傷だらけ…
こんな綺麗なのばかりだといいんですけどね
ゆず酢にするために、削汁しているところ
ビンに入れて涼しい場所に保管しておけば
一年間は大丈夫
こちらでは主に寿司酢として利用しています。

戻る